2024年6月15日 Oさまご自宅訪問出張レッスン
@西東京市

初めてレッスンを受けてくださるOさまは
ご自身が着るワンピースを作りたいと申し込んでくださいました

レッスン前に必要な物をお伝えしてあったので準備は万端
まずは購入したワンピースの袖丈を変えたいと事前に伺っていたので
どれぐらいの長さのお袖にしたいのか伺ってからレッスンスタート

すると、どうやらOさまは袖山と袖下、前見頃スカートのウエスト部分などかなりの変更をご希望でした
長年、和裁をやってきたというOさま
既製品もご自身で縫い直してしまうことがあるのだそう
すごいですね!

少しずつ出来ること、出来ないことそしてあまり「お勧めしないこと」などをお伝えしました
直したいところを既成の型紙に直接赤鉛筆で書き込むOさまはフリーハンドで書いていくワイルド派
ですが、やはり線がガタガタ・・・
納得してくださったOさまに丸いものを定規がわりにすることをご提案
アームホール用の定規がなかったので、アールの物を定規がわりに線を引いて行きました
最初のお話では袖山の変更はおっしゃっていなかったので定規を買っていただいていなかったのでした

アームホールを変えたら、袖ぐりも変えなきゃいけません
当然ながら袖幅も広くなっているのでメジャーで測って・・・とメジャーを見たら
5mm単位のざっくりしたメジャーでした(泣)
メジャーは次回までに購入していただくことになりました

前側の袖山だけで1cm位以上袖ぐりとずれている
修正しなきゃと思いきや、なんとOさま袖山にギャザーを入れるとのこと
オートクチュールのように(?)ちょっとづつ修正して縫えば?とOさま(笑)
まあ、とりあえずやってみましょう

ダイナミックな修正後の型紙
今度はお直しができるように縫い代を多めにしたいとおっしゃるOさま

ん?スカート丈も長くして、前見頃もギャザーを入れて広がっている型紙
生地幅狭いけど用尺足りるかな〜?
不安になったので型入れしてしてみることに

なんとか足りそうで一安心♡
襟ぐりを「共布のパイピングにしたい」というご要望は生地が足らない&生地が厚めなので
相談の結果、型紙通りの見返し仕立てに落ち着きました

そんなこんなで1回目のレッスン終了

お疲れ様でした!
次回も頑張りましょう♪

担当:ヨッコ

Illustrator イラスト オーダーメイド パターン型紙 人形ドール服 入園入学 動画 大人服 子供服 犬動物服 起業サポート 雑貨

ココフラッペとは

お洋服を作っていると「よくわからないところ」がでてきませんか、そんな時のお助け出張教室

  • 出張サービスでご自宅や会社、店舗、フリースペースで学べます
  • 好きな時間、空いている時間を有効活用できます
  • 今まであやふやだった所、分からないままやりすごしていた箇所を、細やかに直接指導いたします